スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お礼を言うためだけにテストの前日に日記を書くのもどうかと思うけど

今日、このときほど

二人が友達であることが嬉しかったことはない


おかげで元気になりました
罪って言うか過去って言うか
とりあえず、絶対にいくつになっても背中にしょっとかんといけんとは思う
でも、oceanが言うみたいにしっかりと立ち上がらんといけんね
背負い込んで「俺はこんなもの背負い込んでるんだぞ」って
甘ったれてつぶれたままもだめだね
どうせなら
重い荷物背負って自分が鍛えられるからよし
みたいな考え方で行こうと思う
後悔や反省はまだしたりないけど
足りないとはいってもたくさんした
ほかの人に許してもらおうなんて気はないし、いつでも先生に怒鳴られる覚悟もできてるし
フロマも言うように、自分自身くらいはそろそろ―――
なんていおうとしたけど、やっぱりだめだ
俺が俺自身を許すことはできそうにない

やけんせめて
ここまで後悔反省したって
「評価」はしようと思う

二人の言葉を引用して
そろそろ「吹っ切って」、「前向いて」歩こうと思う
いつまでも過去気にしながら、中途半端に前向いて歩くのはやめた
そんなんだからこけるんだ。本当にもう転びたくないなら
視線は下じゃなくて前じゃないと。ってね


おかげでこれからの学校生活、苦じゃなくなりそう
二人ともありがとう
スポンサーサイト

暑ぅぅぅぅぅぅ

昨日もそうだけどさww
急に暑くなりすぎでしょwww
俺達を干物にするつもりかってばかやろうwww


暑苦しいノリはやめて
本当に暑い件
もう梅雨明けしたのかね
雨ばっかりとか嫌いだし
連日雨ってのが収まったからよかった


今ニュース見たけど
東北に梅雨前線が重なってるのね
まだまだ大変な状況なのにね
毎日大雨が降ったら気分も落ち込むって言う
せめて気持ちだけでも上に向いとかないとやってられんよね

東北の方々、頑張ってください
としかいえん

ちょwwwストレスってすげぇww

今まで「ちょーストレスたまってるんですけど~]って感じの日記書いてる人何なの?ばかなの?死ぬの?
っておもってたけど

ストレス甘く見てました

本当に溜まった人にしかわからないってやつ?ww
これはどこかに吐き出さないとたしかにキツいわwww
ストレス溜まってる俺カワイソス;ω;ってうぬぼれてんのかと思ってたけど
そうでもないんだねwww


ふぅ

おk、本題に行こう


愛媛大学農学部
   おそらく海洋生産科学特別コースの
        データが詰まったパソコン
         壊 し ま し た



どうだ?驚いただろう?
これが、俺が犯した大罪だ

ノートだったんだけど
机の上から落として、データをふっ飛ばしたらしい
どういう経緯でかは書かないよめんどくさいし惨めだし

二日後の授業中。担任にバラされる
別にこれはいい。みんなに言うべきだとは思っていたから。
意味あっとるかはしらんけど、罵詈雑言も覚悟したけど笑われただけですんだ
画面が壊れただけとしか聞かされてなかったから
授業が終わったあと先生から「データを飛ばした」と聞いたときは真っ白になった
先生はフォローしてくれたけど、逆に惨めになるんよね。
そのあとの二人の励ましが暖かかったな
ocean、そしてもう一人。ありがとう


次の日、ていうか今日ね。
進路課長の先生と移動中に会って、一言二言はなす。
そのときは冗談交じりに例のことについて話しただけだった

その後だけど、やっぱり進路課長は俺に対してムカついていたらしい
しゃがんでいる所を友達に押され、文句を言いながら立ち上がったところでなぜか先生に怒られた
確かに少しうるさかったかもとは思うが、そんな怒られるようなことはしなかった。
なのに直後
「―――。やけんあんな事件を起こすんでしょーが!」
怒ったような口調ではなかったと思う
でも、裏には怒りがあったようにも思う
まったく関係ないところでこの言葉。
そんなこといわれたら潰れそうになるんだよ
俺がどれだけ後悔したと思う
俺がどれだけ反省したと思う
俺がどれだけ自分に対して怒ったと思う
どれだけみんなに対して申し訳なく思ったと思う
俺のせいで、愛大の南宇和高校に対する評判はさがった。しかも大幅に
俺だけの問題ならまだここまで悩まんよ
愛大を受ける、うちの高校の生徒全員を巻き込んだ
あぁわかってる
そりゃ怒るよ。俺があんたの立場ならだったらあんた以上やるね
ほかの人間巻き込んだんだもん
あんたが俺を怒らなくてどうするよ
いやみなやり方しやがって
せめて怒ってくれよ。怒鳴ってくれよ。
全力で謝る準備はできている
何なら土下座してもいい。退学になってもいい
なんか罰を与えられないと潰れそうだ

どんどんストレスってのは溜まっていく
後悔し、反省し、自己嫌悪し、また後悔。
どれだけこのループを繰り返しただろう。どれもどれだけしてもし足りない。
ぐるぐる回っていく。先が見えない。だからストレスとステルスって似てるのかもね
もうどうにかなってしまいそうだ。ってね
今日一日でここまでステルスが・・・・ストレスが溜まったんだから
一週間、一ヶ月ではどうなるかな
もう目とか死んでるんじゃない?
今から写真でも取っとこうか

無理に気分を明るくしようとしても無駄ということがわかった
何してても考えてしまう
考えなきゃいけないんだろうけど、これではマジで潰れそう
もうすでにつぶれ始めてるかも

結局、この日記で何を言いたかったかというと
憂さ晴らしがしたい。
一ヵ月後の俺の目と身長に注目。
ってことね


それじゃお休み

四国総体って

来週の土日月であるらしいね

もうしばらく部活はするつもりでいたから
四国が終わるまでは続けようと思う

最初から

「165跳んだらもうちょっと部活続けてもいい
      跳べなかったらきっぱりやめる」

って決めてたし


にしても県と四国の間の空きが少ないww
去年も「2週間」みたいなことを言ってたな
もうこの早さは恒例みたいなもんなんだろうね

総体終了!

眠いので結果だけ

目標は前にも書いたとおり165cm

        記録
       165cm



「こちらスネーク。
   任務を完了した。」

誇り、埃

PCのディスプレイの後ろは決まって埃まみれ

どうも、セイルです



何このノリ

話を戻すと
県総体、とうとう今日ですねって言う

ここから乱文ね。注意

長かったね。ここまで

春夏秋冬、365日、24時間
分単位で言えばちょっと微妙だけど寝ているときを除いたら
陸上のことを考えなかったときは無かったな、って思う
なんだかんだ言って、俺はやっぱ
陸上が好きになってたんだなって思う

最近、陸上部の後輩の女の子たち(一部)がよく絡むようになった
「よく考えたら私たち、先輩たちとあまり触れ合ってなかったな~って」

そう考えるとそうかもって思った
陸上部に関しては、なんか用事があったときは話したけど
世間話は本当にせんかったなって思う
これだけ長い時間があったのに
後輩たちとほとんど触れ合ってなかったことに少し後悔


とりあえず言えるのは
わかり切った事だけど
『俺には四国にいける程の力はない』
これをみているみんなにあらぬ期待をさせぬためにしっかりと確認してみた

つまり、この県総体は
俺にとっての最後の大会
もしかしたらほかにも出られる試合はあるかもだけど
俺が知る中では最後だね

口、というか、文章に表すと一気に感慨深くなるわけだけど
つまり、ここで自分がここで後悔してもその後に発散できる場所はない
ってことなんだよね

だから絶対に後悔はしちゃいけないんだと思う
結局当たり前のことなんだけど
「後悔先に立たず」
この言葉が、今はすごく重い言葉に聞こえる

せっかくこんなに好きになったものを
後悔なんてつまらない感情で終わらせたくない
それは間違いなく、俺の『誇り』を傷つけることになる

ここまで死ぬほど練習してきたんだ
ここで記録を出せなきゃ、それこそ死んでも死に切れない

これだけ練習したんだっていう誇りと
これだけ陸上が好きだっていう誇り
この二つは
中学校のテニスのときも持っていた
それに気付いたのは全てが終わったときだったけど

今回はここで気付けた
ここで後悔しないためにも
誇りを傷つけないためにも
絶対に165cmを跳んで帰ってくる

そろそろオープンキャンパスのことを書いてみる

何日放置したかはさておき、愛大オープンキャンパス(以下OC)の感想でも


とりあえず言えるのは

楽しかったし、ためになった!!

一番の収穫は
『応用生物資源』の学科で酵母の研究ができる!って言うこと
詳しくはあまりわからんけど、第一志望はもう愛大で決まりかな
大学で何よりしたいのは酵母の研究だしね
ほかはそんなに気にしてないって言う


向こうではけっこういろいろハプニングがあったね

まず、出発以前
どこに集合するか知らされてなかったから
とりあえず職員室の前で待ってたんだけども

先生に渡された予定表を学校に忘れてくるって言う
場所は元から書いてなかったからいいけどなにより
 集 合 時 間 わ か ら な い
俺は6時か6時半に集合したんだけど、みんな(俺ともう一人と先生)が集まったのは1時間後
そして雨。傘は持ってきたけど小さな折り畳み傘ってこともあり靴の先っちょはびしょびしょ
もうその時点で「今日はろくな日にならない」って思ったね


そして先生の車に乗り込んで出発
あまりに早い時間に家を出たため朝飯なんて食べてきているはずも無く
先生がコンビニに寄ったときについでに朝飯を買って食べた
その辺はまぁ普通・・・・・・しかし


到着したのはOCの受付時間過ぎて1時間

どうやら愛大の場所がわからないらしく、同じところをぐるぐる回っていたらしい
コンビニによって道を聞いてやっとわかったらしく、その後10分で到着した

「12時くらいから学科見学があるから、11時半にここに集合ね
 俺は教授に挨拶してくるから」
・・・・どうやら受付ってそんな関係ないらしいね

ということでしばらく農祭を回って、しばらくしてまた先生に会った
そして当然のように

「いまから受付しに行くから」

いやいや、受付の時間過ぎてるんじゃないんですか
とは突っ込まずに先生の後をついていくと
「あっ、受付ですかぁ?えっと、お名前は・・・・」
もう時間とか関係ないらしいね。もうわけわからん

頭の中で苦悩しつつ、俺らの名前を探す大学の先輩を見つめてた
しかし、なんか様子がおかしいわけで
先輩1「あれっ・・・・あのすいません、どちらの高校ですか?」
先生 「○○宇和高校(自粛)です」
先輩「どうも・・・・あっ。あぁ、これ宇和じゃん」
先輩2「一文字違い?もぉ~」
先輩1「あのぉ・・・・これに住所とお名前を」
どうやら登録されていなかったらしい
住所氏名を書きながら耳を先輩二人に向けると
先輩1「登録されてないことってあるんだね~」
先輩2「そういうの、去年もおととしも会ったらしいよ」
どうやら毎年俺らみたいなのが出るらしい。何なのこの大学

んで、登録を終えて途中から抗議に参加。二十分もしないうちにチャイムがなって終了
そして念願の
俺「昼飯やあぁぁぁ~~~~!!」
友「うるせぇww」
本当はこんなやり取りやってない
まぁ昼飯になったわけで
俺が「うどん食べる~」って言ったら友も俺にあわせてくれた
で、うどんをもらって、デザートのヨーグルトをとった
ちなみに俺は白いの、友はブルーベリーか何かが入った紫っぽいの。隣には砂糖の袋があったけど無視した

しばらくしてうどん完食
先に食べ終わった俺はヨーグルトに手を出した
                         しかし
「無味・・・・どころか酸っぱいだと」
皆さんお察しのとおり
ま さ か の プ レ ー ン
隣に砂糖があったのはそういうことだったという
あと少ししかないから自重したのが裏目に出た
友の紫っぽいやつにはしっかり味(案の定ブルーベリー味)があったらしい
俺「くそwwまずいwww」
友「俺のちゃんと味あるよww」
俺「ヨーグルト本来の味が楽しめる素材を生かした食べ方って解釈で頼む」
みたいな会話をしつつ、無事に完食

大変なのはここからって言うね

学科見学の前に施設見学をした
某森先生以上のソプラノボイスを披露してくれた実験室の先生とか
非常に声が小さくて聞き取り辛い先生とかがいて飽きなかった

そしてやっと学科見学
全部紹介すると「生物生産システム学」「施設生産システム学」「資源・環境政策学」
       「応用生命化学」「森林資源学」「地域環境工学」「生物環境保全学」「食育」
       「農山漁村地域マネジメント特別コース」「海洋生産科学特別コース」
といろいろあったんだけども

『資源・環境政策学』のブースで事件が起こった


迎えてくれたのは熱心なお兄さん
最初はこの学科に入る気なんてさらさら無かったけど、OCに来て教授に会って
後でその教授の本を読んで、その結果教授に感動し尊敬し感銘を受けてこの学科に入った
っていう歴史を持つお兄さんだった
しばらく教えてもらって、ほかの先輩からも話を聞いた後 彼は姿を現した

「よし!ちょっと勧誘してくるぞ」
なんて声が聞こえ、ちょうど説明が終わってパネルを見ていた俺は振り返る
某としき先生似の体格の教授がこちらに向かって歩いてきていた
トシキ?「お前ら!絶対にこれだけはやりたいって事はあるか!?」
声が大きい。顔が近い。そして熱い。
3要素に普通にびっくりした俺たちだが、質問には答えた
俺はある。友は別に無い。みたいな回答だったはず
「やっぱりか・・・・お前(友のほうを向いて)どうせ、今までどうでもいい生き方しかしてこなかっただろ!」
あんたに友の何がわかる。本物のとしきならともかく、あんたは出会って1分と経ってない
「そしてお前!」
俺ですねハイ

いろいろ話を聞かされた後、急に話題が転換。
「ひとつでいいから全国に名を残せ! な!?
  ・・・・そこでこれだよ」
誘導の仕方がセールスと酷似していた
とりあえず彼が指した『これ』をみてみる

インドネシア航海

俺「まさか・・・・」
えぇ、思わず口に出ちゃいましたよ
トシキ?「そう!お前が船乗り兼研究者になるんだ!」
やっぱり。突拍子も無い話キタコレ

しばらく話を聞いてわかったのは
インドネシアの近くにあるたくさんの島。
その中にはまだ、学者が足を踏み入れたことのない島がけっこうある。
その内のひとつに俺たちが行って、現地の人から話を聞いたり自分で調べたりしながら論文を書く
みたいな感じだったと思う
そして何度も言われたのがこの言葉
トシキ?「現代の坂本竜馬になれ!!今の時代を変える架け橋になれ!!」
無理です。少なくとも俺には


お話も終わり、まだ回ってない学科を見に行っている途中
友「○○先生(某トシキ先生)に酷似しとったwww」
先生「確かにww」
喋り方までもが似ていたそうです

正直まんざらでもなかった。
やってもいいかなって思った所をみると、俺の「人に流されやすい性格」は健在らしい
でもやりたいことを犠牲にしてまで名を残そうとは思わんからやらない

そして、俺らは(俺の)大本命である「応用生命化学」へ


その教室はすでにもぬけの殻だった

泣くに泣けないこの状況
どうやらトシキ教授のありがたいお話で時間を食ったおかげらしい
肩を落としながら帰った俺であった



これでOCは終了
本当にろくな日じゃなかったねww
でも楽しかったわ。それだけでも行った甲斐はあったと思う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。